空間の詩・パントマイム

紹介文タイトル。紹介文タイトル。紹介文タイトル。

ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。

SHIMIZU KIYOSHI

手品師 ―幻の蝶より―

「幻の蝶」は初演以来33年、国内外で上演数127回を数える清水きよしの代表作。表題作「幻の蝶」他8本の作品で構成された2時間強の舞台。
生と死を笑いと涙で描き出し、不思議な透明感が舞台を包む、日本で初めて能舞台で上演されたマイム。

花 ―KAMENより―

『KAMEN」は「マリオネット」「鍵」「綱渡り」「花」「駝鳥」「背中がかゆい」の6本の短編集。 ふじもりふじおの作による能面の技法で作られた、陰陽二面の創作面を使い分けて演じる異色の作品。動きに連れて喜怒哀楽、様々な表情を見せる仮面の演技が見もの。 初演以来29年、公演数156回を数え、国内外で高い評価を得ている『幻の蝶』と並ぶ代表作。

ワークショップ&教室

吉祥寺のスタジオでは週一でレッスンを行っています。
他に豊島区でアマチュアの方を対象にした隔週のレッスンも行っています。その他月一回土曜の朝から夕方まで、青梅でマイムとゆっくり向き合うワークショップも開催。

informationお知らせ

2012年4月 下記に転居しました。

profile

清水きよしマイムワークス 
SHIMIZU KIYOSHI MIME−WORKS

〒198-0171
東京都青梅市二俣尾3-5349
TEL.0428-74-9407  携帯090-4060-8516
FAX.0428-74-9406
s.kiyoshi@mime-works.com

公演情報へ

STUDIO & Workshop

スタジオ&ワークショップ

公演情報